2018年4月27日〜28日 鹿児島

日付 出発地 到着地 走行距離(km) 走行時間 最高速度(km/h) 平均速度(km/h) 主な経路 景勝地
2018年04月27日 鹿児島空港 枕崎 120.48 4:43:11 59.1 25.5 R10, R226 開聞岳
2018年04月28日 枕崎 阿久根 94.73 4:06:36 23.0 R270, R3

1日目

今年のGWは鹿児島を出発して、阿蘇を登って大分方面へ九州を横断、フェリーで四国に渡って愛媛→徳島、さらにフェリーで和歌山あたりまで走ろうと計画。

1日早く有給休暇を取って混雑も回避。

羽田空港を7時55分発、鹿児島空港に9時45着のスカイマーク便に自転車を預けてスタート。

定刻通りに鹿児島空港に到着し、自転車を組み立てて10時30分頃にスタート。

まずは桜島から噴煙が上がる様子を見る。

今回、噴煙に対する備えは何もしなかったのだが、鹿児島市内は自転車で走ると噴煙を吸ってきつかった。 マスクは必要。

鹿児島市を過ぎて、さらに南下し、道の駅 喜入にて休憩。

西郷どん。

指宿を通過し、開聞岳を間近に望む。天気が良くて最高だった。

その後、JR最南端の駅、西大山駅にもちょっと立ち寄って記念撮影。

この日は西風が強く、指宿〜枕崎は向かい風でかなりしんどかった。

この日は枕崎市の温泉に宿泊。

夕食は宿近くの寿司屋。枕崎特産の鰹を始め、魚介がおいしかった。

2日目

朝出発して、まずは枕崎駅にて記念撮影。終端部にはなぜか惹かれる。

その後、北上し、加世田、日置、いちき串木野と順調に走行。

だが、普通にペダルを回していると、急にトルクが抜けて空回りするように。

平地巡航中は大丈夫だが、発進時や上り坂でダンシングし始めたときにトルクが抜けると転倒しかねない。

これは危険だ、と思い、道の駅阿久根に着いたときに、リアハブをバラしてみたら・・・

ラチェットの爪を起こすバネが折れてる!!

  • 付近には自転車ショップがない(道の駅のおばちゃんに聞いた)
  • ショップがあっても部品在庫してる可能性は低い(お世話になっている自転車ショップの店員さんに電話して確認した)
  • 連休初日の土曜日ということで、どこも宿がいっぱい

ということで、2日目であるが離脱・帰宅を決心。

道の駅から最寄りの薩摩大川駅までは押して歩いた。

新幹線を乗り継げば、ギリギリその日のうちに東京まで帰れることがわかったので、22時過ぎに帰宅。