GPX to TCX Converter

wpt要素のあるGPXファイルをTCXファイルに変換するツールです。

Garmin Edgeシリーズのデバイスにインポートすると、コースポイントのあるコースとして登録されます。

概要

GPXファイルをTCXファイルに変換するツールですが、主に以下の使い方を想定しています。

  • RWGPSでPOIを設置したルートを作成する(要有料プラン)
  • ルート作成後「More Export Options」から「Include POI as waypoints」にチェックを入れてGPXファイルをエクスポート
  • このツールでGPXファイルをTCXファイルに変換
  • Garmin EdgeをPCと接続し、Garmin/NewFilesフォルダにTCXファイルをコピー

これにより、Garmin Connectでコースを作成した場合と同様に、ブルベのPCをコースポイントとして登録したコースをEdgeに入れることができます。

また、Garmin ConnectにGPXファイルをインポートすると標高値が書き換えられてしまうため、RWGPSの橋トンネル補正機能や、RWGPS地理院標高で取得した標高値を使用できなかったのを、そのままEdgeにインポートできます。

仕様・注意点

  • 複数のtrkを持つGPXファイルには対応していません。すべてのtrkを結合して単一のコースにします。
  • GPXファイルのwpt要素は、コースに最も接近する点までの距離がEdgeに表示されます(逆に、Garmin Connectと違ってコース外にコースポイントを設置することが可能です)。
  • 折返しや周回コース上にwpt要素がある場合は思った距離にならない可能性があります。
  • TCXファイルはコースポイントに距離情報を持たず、時刻情報だけを持ちます。Edgeがインポート時にコースポイントの距離を計算するのですが、時刻計算の精度が1秒なので、TCXファイル変換時の設定で"移動速度"を速くしすぎるとコースポイントの距離がずれる可能性があります。
  • Garmin Connectでコースを作成するとポイントが最大で約4000点程度になるように間引かれますが、RWGPSからエクスポートしたGPXファイルはポイント数がもっと多くなることがあります。ポイント数が多すぎてGarmin Edgeの処理が遅くなる可能性がありますので、その場合はGPXトラックを間引く・簡略化などで間引いてください。

Edge表示例

  • 地図上でのコースポイント表示
  • コースポイントまでの距離表示画面
  • BRM409千葉400のコース