GPX

GPXトラックログを間引く・簡略化

GPXトラックログを間引く・簡略化

概要 GPSロガーで取ったGPXログを公開する際、 途切れ途切れのトラックログを結合し 日ごとにそれをまた分割し それぞれを1トラック400ポイント程度に間引いて簡略化する という手間がかかっていたため、この一連の作業を一括処理するプログラムを作った。 また、ツーリング中には事前に作成しておいたGPXファイルをAndroidのRMapsや地図ロイドに読み込ませて走行ルートを確認しているのだが、 GPXファイルに
Google MapsでGPXルート作成

Google MapsでGPXルート作成

思った以上に使っていただいてAPI料金の請求がすごいことになったので、申し訳ないのですが1日1000リクエストに制限しました。地図やルートが表示されないときは制限に引っかかっておりますので、時間を置いて再度アクセスしてください。 PC用フルスクリーン版 モバイル(スマートフォン)版 使い方 出発地点と目的地点を入れて「Calculate Route」をクリック。 途中経路を変えたい場合は、通常のGoogleマ

あしあとデータ結合機

概要 auの携帯電話の地図ビューアーの簡易ハンディGPS機能で取得したあしあとデータを結合し、GPXおよびKML形式に変換します。 地図ビューアーで約2時間ごとにログを保存しなければならず、1日ログを取った後、複数のあしあとデータを結合するのが面倒だったため作成しました。 GPXへの変換に際しては時刻情報を残しますので、カシミール3Dなどで速度履歴を見ることも可能です。 ダウンロード Vectorの紹介ペー
GPXファイルを読み込む

GPXファイルを読み込む

MathematicaでGPXファイルを読み込んで解釈する方法のメモ。 対象となるGPXファイルを xml=Import[filepath,"XML"];でまずXMLとして読み込んでおいて、 trk=Cases[xml,XMLElement["trk",_,_],Infinity];でtrk要素を抜き出し、 trkpt=(ToExpression[{"lat"