2019年04月20日 BRM420 埼玉400km アタック老越路

日付 出発地 到着地 走行距離(km) 走行時間 最高速度(km/h) 平均速度(km/h) 主な経路 景勝地
2019年04月20日 入間市 入間市 402.55 16:43:55 24.1 52.7 中之条、桐生、老越路、宇都宮、桜川 老越路峠

今年3回目のブルベは400kmに挑戦。

Start - PC1

前日は入間市内のホテル「入間第一ホテル」に宿泊。 前回の300kmの反省を生かし、今回は連泊で予約。

ホテルからスタート地点まではすぐ。

6時50分にホテルを出発し、7時過ぎにスタート地点に到着し、受付完了。

今日も天気が良さそうで何より。

ブリーフィングではフォトチェックについての説明などを受け、8時に出発。

高崎方面へ山際に沿った田舎道を、南東からの追い風に押されながらのんびり70km走行し、PC1到着。

PC1 - PC2

PC1を出発してからだんだんと山がちの道に。

榛名山を西側からぐるっと回る峠道をえっちらおっちら登ったあとは、快走路の下り道。 標高が高いところではまだ桜が残っていた。

道が東向きに変わってからは向かい風。

PC1から50kmちょっとでPC2に到着。

PC2 - PC3

PC2からは向かい風の中を、赤城山の麓を小刻みにアップダウンを繰り返す。

大きな鳥居が見えたので写真を撮ってみたが、いろいろ邪魔なものが多かった(良い場所を探すほどの元気がなかった)。

次のPC3までは130kmあるので、60km程度で休憩しようと思っていたのだが、桐生市内のブルベルート沿いにコンビニが全く無く焦った。

桐生市街地を抜け、桐生天満宮を過ぎたところにようやくファミリーマートを見つけたので、小休止。

小休止のあとは、ブルベ名称にもなっている老越路峠へ登る。

まずは桐生川ダムまで登り、一息ついたあと老越路峠へまた少し登る。

老越路峠を超えたあとも、PC3まで地味に40km近くあるのが長く感じた。

たまたま自分より速い人が向かい風で同じくらいのペースになり、引いてくれるというので、ありがたく後ろにつかせていただいた。

PC3 - PC4

PC3に着いたところ、外は冷え込んでおり(あとで調べたところ、宇都宮は6℃まで冷え込んだ模様)、 コンビニの外で食事を取っていては冷え切ってしまいそうだったので、 前述の速い人と一緒に少しコースを外れてすき家で食事。

前日が平静最後の満月だったそうなので、この日は平静最後の十六夜の月。 写真を撮ってみたが、疲労困憊の手持ちスマホではまったく写らず・・・。

一応、信号機の右側に見える黄色の円が月。

PC3 - PC4 - PC5 - Goalはほぼ50km間隔。

この区間も速い人にずっと引っ張って頂いた。(でも速い)

PC4 - PC5

PC4に到着したあと、私は仮眠にチャレンジすることとして、速い人とは一旦お別れ。

そこまで眠くはないものの、今後600kmなどより長距離を走るにあたって、仮眠を取る練習をしたかった。 コンビニのイートインスペースで突っ伏していたところ、5分程度で眠りに落ちた。 突っ伏す前に20分のタイマーをセットしていたので15分弱の仮眠が取れた。

起きたあとは、ホットコーヒーを飲んで出発。

最初は体が冷えていたのだが、ちょっと走って温まったら、それまでの疲労感が抜けて快調に。 肉体的な疲労は取れていないのだが、精神的にはかなり回復した。

途中でガーミン先生が「ここが終点だよ。通り過ぎたよ。戻ってよ。」といきなり言い出すトラブルはあったものの、コースを再度読み込んだところ、機嫌を直してくれた。

この区間は路面が良い道が続き、走りやすかった。真っ暗なので景色は何も見えなかったが。

再度、また速い人(途中で休憩していたとのこと)と信号待ちで合流したので、今度はローテーションしながらPC5に到着。

PC5 - Goal

仮眠を取っていたため眠気はまったくなかったのだが、金のメイタンの効果時間を知るために服用してからPC5をスタート。

速い人はずっと一緒に走ってくれていたのだが、ラスト10km程度の地点で膝に痛みが発生したとのことで、先に行かせていただいた。

少し空も明るくなり始めた、午前4時27分にゴール。

記録は20時間27分。21時間程度を想定していたが、だいたい想定通り(自分より脚力がある人が引いてくれたおかげで少し早くついた)。

ゴール後は、連泊で予約しておいたホテルに向かう。 チェックアウトは10時なので、ゆっくり寝て、結局9時半頃にチェックアウトして輪行、帰宅した。