2009年11月07日〜08日 東海村(茨城)

ホッケー社会人リーグの最終戦が茨城県東海高校のグラウンドで行われることになったので、国道6号の水戸街道部分を自転車で走破するチャンスと捉えて 1. 試合前日に1日かけて東海村まで行く 1. 試合は13時に開始されるので午前中は東海村の原子力関連施設を観光しにポタリング 1. ついでに試合をする 1. 帰りは輪行 という計画を立て、実行した。

1日目

天気は秋晴れ、気温も10月上旬並みの小春日和と絶好のサイクリング日和。 中でもスティックの運搬方法には頭を悩ませたが、結局スティックケースに入れて肩にかけて運ぶことにし、その代わりバックパックを省略。 その他軽量化のため、荷物からレインウェアを省いたほか、洗面用具なども必要なものに絞ったが、スティックのほかホッケーのユニフォーム、靴(これが重い)を運搬しなければならないため、トータルで見るといつもよりも荷物の量としては多くなってしまった。

8時50分ごろ自宅を出発。

池袋の自宅からどうやって国道6号まで行くか悩んだが、交通量の多いルートで朝から神経を消耗したくなかったので、荒川サイクリングロード経由で行くことにした。 明治通りを通って荒川サイクリングロードに入ってしばらく下ったのち、四つ木橋で国道6号線に入る。 土曜日なのに、自家用車だけでなく大型トラックも非常に多い。

10時過ぎに江戸川を超えて千葉県入り。

やはりというかなんというか、千葉県に入ると路肩が狭くなり、歩道の舗装状況もひどいので自転車にとっては非常に走りにくくなる。 歩道や自転車にまで気を使って道路を作ることができるかどうかは現地の自治体の財政力に依存することを痛感。

12時前には利根川を超えて茨城県に入る。

大型車の通行量が一向に減少する気配を見せないので、広くて歩行者がいない歩道をメインに快走する。 細かなアップダウンはあるのだが、甲州街道に比べればなんということもない。 昼食を食べれそうな店を探しながら、延々と国道6号を走るのだが、なかなかこれという店を見つけられないまま牛久まで来てしまう。 日本橋からの50kmポストを通過したが、時刻も13時を過ぎたため、これ以上は耐えられないとコンビニを見つけてそこで済ます。

昼食のため20分ほど休憩したのち、また走り始める。 土浦バイパス部分ではアップダウンが激しいものの交通量がほとんどない側道を走り、それ以外は大型車を避けるため歩道を走行した。

小休止をはさみながらも黙々と走り、16時過ぎに100kmポストを通過し、16時19分に水戸市へ入る。

余裕があれば水戸市街に行って偕楽園などを観光したいのだが、日も暮れてきたのでそのまま陸前浜街道と名前を変えた国道6号を突っ走る。 夕暮れのトワイライトの時間帯は自分は1日の中で1番好き。

水戸市以北の国道6号は路肩が広く、路面の状態も良いので自転車にとっては天国。 やはり照明は少ないので、日が暮れてからは怖い思いをしながら平均30km/h程度で走り、17時37分に目的の東海村に入る。

そのまま走り続け、18時過ぎに予約してあったビジネスホテルに到着。 素泊まりのため、例によって痛む膝を引きずって夕食を食べるため東海駅まで歩き、翌日の朝食もコンビニで調達した。

  • 走行時間:6時間21分35秒
  • 走行距離:134.11km
  • 平均速度:21.0km/h
  • 最高速度:42.5km/h

2日目

いつも通り7時に目を覚まし、用意しておいた朝食をとってしばらくのんびりしたのち9時半に宿を出る。 試合開始は13時なので、12時前に東海高校に行けばよい。 ホッケーのすね当てを引退してから持っていないので、おかみさんにスポーツショップの位置を聞いておき、まずは原子力関連施設の観光のため東へ。 まずは日本原子力研究所に行って記念撮影。

次に向かいにあった原子力記念館をバックに撮影。

国道245号をそのまま南に走って核燃料サイクル工学研究所の門の前で撮影していたら、守衛が出てきて 「撮ったのは門柱だけですか?」 と問い質された。

仮にも研究室配属次第で原子力関連の研究室になる可能性があったため、そのあたりは既知。 実際撮影したのは自転車と門柱だけなので、その旨を伝えたら了承してくれたが、Google Earthでは建物の配置が丸分かり・・・。

しばらく南下したのち、常陸那珂港に行って、太平洋をバックに記念撮影。 これ以上は一般車通行止めだった。

太平洋岸のためか紅葉は高台で始まっていた程度で、紅葉狩りはまだできなかった。

その後はスポーツショップに行ってすね当てを買い、すき屋で昼食を食べて東海高校に行って試合をした。

帰りは輪行するはずだったが、先輩OBが自動車に載せてくれるというのでお言葉に甘えた。 渋滞に巻き込まれても2時間半で東京まで帰れた。

  • 走行時間:1時間13分8秒
  • 走行距離:24.41km
  • 平均速度:20.0km/h
  • 最高速度:46.4km/h