Ubuntu

ウェブサイトの差分を検知してメール通知するシェルスクリプト

ウェブサイトの差分を検知してメール通知するシェルスクリプト

2020年は数多くのブルベに参加することになったが、各BRMでウェブサイトの更新を監視するのは辛い。

無料のウェブサービスもあるが、登録件数が不足したり、どこが変更されたのか分からなかったりしたので、 変更を検知したら差分箇所をメールで送信するシェルスクリプトを書いてみた。

将棋倶楽部24をUbuntu + dockerで動かす

将棋倶楽部24をUbuntu + dockerで動かす

将棋倶楽部24は強者が集まるネット将棋として有名だが、残念なことにJava製である。

UbuntuをはじめLinuxではブラウザでJavaプラグインが動作しないようになっているので、ウェブ版は動かない。

アプリ版ももうかなり古くなったJava 8(しかもOpenJDKではなくOracle)を要求するので、そのために古いJavaを今の環境に入れたくない。

なのでdockerでコンテナにして動くようにしてみた。

Ubuntu Server 18.04 + SoftEther VPN + AdGuard Homeで広告ブロック機能付きVPNを構築する

Ubuntu Server 18.04 + SoftEther VPN + AdGuard Homeで広告ブロック機能付きVPNを構築する

どんなWi-Fiネットワークにいるときも広告をブロックしたいので、自前でAdGuard Home(DNSサーバ)とSoftEther VPN Serverを構築した。

しかし、Ubuntuではデフォルトでsystemd-resolvedがDNSサーバとして53/udpをListenしているので、自分で別のDNSコンテンツサーバを立ち上げる際にはこのStub Serverを止める必要がある。

さらにサーバ再起動後、VPNクライアントからのDNSリクエストが来た時、きちんとAdGuard Home DNSサーバに転送してくれないので、追加の設定が必要だった。

Ubuntu 18.04でActive DirectoryへのOpenLDAPプロキシを構築

Ubuntu 18.04でActive DirectoryへのOpenLDAPプロキシを構築

Active Directoryのあるネットワークとは別のネットワークにある機器(具体的には電子黒板)から、LDAPでADユーザ情報を検索したいという要件が。

VPNなどの設定もできないので、DMZにOpenLDAPによるLDAP用のプロキシサーバを立ててみた。

Ubuntu 18.04 LTSで文字化けしたSnapアプリをなんとかして使う

Ubuntu 18.04 LTSで文字化けしたSnapアプリをなんとかして使う

Ubuntu 17.10から18.04 LTSにアップデートしたところ、それまで使っていたコミックビューア(comix)がなくなっていた。 Ubuntuソフトウェアから探したところ、mcomix-tabetaiというSnapパッケージがあったので、それをインストールしたところ、日本語が全部豆腐に・・・。 ということで、一旦英語にして起動。 ターミナルから以下のコマンドを入力。 $ LANG=C mcomix-tabetai 設定(Preferences)から言
Ubuntu 16.04 + Apache 2.4にLet's Encryptを設定する

Ubuntu 16.04 + Apache 2.4にLet's Encryptを設定する

海外の格安VPS、AlaphaRacksでHTTPSのHTTPサーバを立てたので、その作業録。 環境 Chinese Year Specialという年間$8のプランを契約。 Ubuntuのバージョンは16.04なのだが、カーネルのバージョンは2.6.32の古め。 そのため、dockerは使えない。 # uname -r 2.6.32-042stab127.2 # cat /etc/lsb-release DISTRIB_ID=Ubuntu DISTRIB_RELEASE=16.04 DISTRIB_CODENAME=xenial DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 16.04 LTS" ApacheのSSLモジュール有効化 SSLモジュールを有効化し、a2ensiteでHTTPSサイトを有効化
GeForce 1060搭載ノートPCにUbuntu 17.10 + NVIDIAドライバ + CUDA + Mathematia 8をインストール

GeForce 1060搭載ノートPCにUbuntu 17.10 + NVIDIAドライバ + CUDA + Mathematia 8をインストール

MathematicaからCUDAを使いたかったので、GPU搭載のノートPCを購入してセットアップした。 購入PC PC工房のGeForce 1060搭載ノートPC(OSなし) : STYLE-15FX093-i7-RNFR [OS LESS] CPU: Intel Core i7-7700HQ 2.8GHz Memory: 16GB Storage: SSD 240GB + HDD 2TB GPU: NVIDIA GeForce 1060 6GB Ubuntu 17.10 日本語Remixをダウンロード 旧PC(Ubuntu 16.04)で Ubuntu Desktop 日本語 Remixのダウンロードから、ubuntu-ja-17.10-desktop-amd64.isoをダウンロー

Xubuntu 16.04 + Snortで簡易IDS構築

ウイルス等に侵入された後の対策として、IDSやIPS製品の紹介をベンダーから受けたが、正直なところ価格が高かったのと、検知されるメッセージがSnort由来のものが多い気がしたので、自分でSnortを構築して商用製品との差を調べてみることにした。 構築環境 PC : 余っていたノートPC Panasonic LetsNote CF-NX1 OS : Xubuntu 16.04.2 (LetsNoteの有線LANと無線LANのNICを認識できる可能性が高いディストリビューションとして選択) ル