雑学

地球の大きさ(周長や半径)を覚える必要はない

ある書物で、地球の半径を東大生の何割かがオーダーが違うレベルで間違う、ということが書いてあった(誰の著作だったか忘れてしまった・・・)。 ただ、地球の周長や半径の概数は、暗記する必要はまったくない。 なぜなら、「1キロメートルの基準が、赤道から北極までの長さの1万分の1」としてメートル法が決められたから。 覚えるのはこれだけで良い。 だから、地球一周は4倍の約40,000 km。半径は円周率で割って約6,400 kmというのは計算で出せる。 正確な数値としては、極周長が40,075 km、赤道周長が39,941 km、半径が6,357 km。 ちなみに、メートル法が地球を基準にしたのは、 フランス革命後にそれまでの為政者が使用させていた単位(インチやフィートは指や足の長さが由来で、権威を高めるため普通の人のサイズよりも大きめになっている(例えば1foot = 30cm))をやめて、 全世界で共通で使える単位を作ろう、という目的でメートル法が作られたから。 メートル法はフランス革命由来なので、国際単位系は英語のInternational System of Unitsではなく、フランス語のSystème International d’unitésの語順でSIと呼ばれる。