社内SE

共有PCの実際の使用者を記録する

共有PCの実際の使用者を記録する

会社で個々人のPCのセキュリティをガチガチに固めたりしていると、何かと融通がきかない。 そのため、セキュリティ設定緩めの共有PCを1台と共有アカウントを1個用意し、やむを得ない時には利用してもらっている。 そのため、SKYSEAでログは取っているものの、実際に誰が操作しているのか分からない、という問題があった。 それを解決するため、PCに付属のカメラで、ログイン時に正面にいる人の顔を記録することにした。

Google Analyticsで動画(Video要素)のイベントを計測

会社のウェブサイトに貼ってある動画ファイルが、実際にどれだけ再生されているのか調査するべく、 Google Analyticsのイベントで計測するためのコードを作ってみた。 計測対象は以下のイベント。 再生開始(play) 最後まで再生(ended) 一時停止(pause) 再生再開(resume) シークした(seeked) どこまで再生したか(動画時間の10%, 25%, 50%, 75%, 90%) HTML側 <video id="movie001" width="(動画幅)&q

Officeの一時ファイルやThumbs.dbなどをPowerShellで一掃

ファイルサーバの空き容量が減ってきたので調べてみたら、 削除されていないOfficeファイルの一時ファイルや、Thumbs.dbが結構あることが分かった。 Thumbs.dbはグループポリシーでネットワークドライブ上では生成しないようにしているはずだが、 ローカルのフォルダをファイルサーバにコピーすると、一緒にくっついてくるらしい。 以下のPowerShellスクリプトをタスクスケジューラに登録して、定期

動画ファイルからDVDオーサリング

「この動画ファイルをDVDに焼いて。簡単でしょ。」 いやいや、DVD-Video規格に沿った動画ファイルとファイル構造にしないといけないんですけど。 Windows用のオーサリングソフトはフリーでも色々あるが、どれが良いのかよくわからないので、 ffmpeg + dvdauthor + mkisofsでISOファイルを作成するバッチファイルを作成した。 参考サイト : http://d.hatena.ne.jp/hikaen2/20150201/1422773879 前準備 ffmpeg 適当にWindows用バイナリを落としてPATHを設定しておく。

RICOHプリンタ・複合機用のZabbix用テンプレート

社内で余っているサーバにZabbixを入れたので、 SNMP v2cでRICOH製のプリンタ・複合機の各種情報を取得するXMLテンプレートをhttps://github.com/coreyramirezgomez/Ricoh-Printers-Zabbix-Template/blob/master/Ricoh%20Printers%20SNMP%20Template.xml を元に作成した。 変更箇所としては以

英語版Windows PE環境でバックスラッシュを入力

会社のPCではHDD暗号化ソフトのSecureDocを使用しているが、先日1台のPCが起動しなくなったため、リカバリーディスクを使っての救出を行った際のメモ。 SecureDocのリカバリーディスクはWindows PEベースなのだが、海外の製品なので当然英語キーボード。 起動しなくなったPCのHDDの中身は運良く復旧できそうだったのだが、 データをネットワーク経由で回収しようとしたところネットワーク設定

Xubuntu 16.04 + Snortで簡易IDS構築

ウイルス等に侵入された後の対策として、IDSやIPS製品の紹介をベンダーから受けたが、正直なところ価格が高かったのと、検知されるメッセージがSnort由来のものが多い気がしたので、自分でSnortを構築して商用製品との差を調べてみることにした。 構築環境 PC : 余っていたノートPC Panasonic LetsNote CF-NX1 OS : Xubuntu 16.04.2 (LetsNoteの有線LANと無線LANのNICを認識できる可能性が高いディストリビューションとして選択) ル

Gmail (G Suite)でフリーメールアドレスへの送信を検知

会社ではG Suite(旧Google Apps for Works)を導入しているが、 ある社員が個人のGmailアドレスに会社の情報の入ったメールを送信していた。 幸いPCで操作していたためPCのログ監視ソフト(SKYSEA Client View)で検知し、当該従業員に注意することができた。 ただ、同じことを会社支給のiPhoneでやられた場合に無力だったことに気づいたので、G Suite側でも対策を実施。 設定方法 「管理コンソール
EDINETが生成するPDFにフォントを埋め込む

EDINETが生成するPDFにフォントを埋め込む

EDINETで出力したPDFを会社のプレスリリースで掲載したところ、iPhoneで閲覧できない、という問題が発生した。 PDFファイルを見てみると、日本語フォントが埋め込まれていない(下図)。 そのため、iPhoneなどMS系の日本語フォントがない環境では、日本語部分が真っ白の閲覧できないものになっていた。 ちなみに、Ubuntuでは別の日本語書体で代替表示された。 ご丁寧に印刷も低解像度に限られている(

勘定奉行の性能劣化に対処

社内では会計システムに勘定奉行(ネットワーク版)を使っているが、 担当者から「勘定奉行で仕訳帳の表示に20秒くらいかかる」と言われたので調査してみた。 その担当者のPC固有の問題かどうかを切り分けるため別のPCから同様の操作を行ってみたところ、同じ症状が発生した。 ということは、サーバ側に問題がありそう。 勘定奉行のクライアントは生のSQL文をサーバに発行する仕組みなので、 Wiresharkでパケットをキ