2019年06月01日 BRM601 日立600

SR取得に向けて最後の600km。12連勤後にチャレンジ。

日付 出発地 到着地 走行距離(km) 走行時間 最高速度(km/h) 平均速度(km/h) 主な経路 景勝地
2019年06月01日 二子玉川 二子玉川 603.23 25:27:45 56.9 23.7 飯能, 深谷, 小山, さくら, 日立

スタート - PC1

まずはスタート地点まで自宅から25km自走。 午前4時45分に出発し、スタート地点には午前6時ちょうどに到着。 ちょうど6時スタート組がスタートしているところだった。

受付、ブリーフィングを済まし、第0ウェーブで7時ちょうどにスタート。

多摩川CR沿いの狭い道をゆっくり抜け、集団のまま青梅のPC1に到着。

自宅から自走した場合、朝食が少なくなりがち、ということをBRM324つくば200kmのときに学習したので、食事を大量に購入。

PC1到着: 9:23

PC1 - PC2

PC1出発時にたまたま同じ時間帯に出発した人がいなかったので、ブルベらしく1人でしばらく走っていたら、 自分よりちょっと早い人が2人追いついてきたので、しばらく3人で。

いつの間にか最後尾にもう1人加わっていたのだが、その人が見通しの良い地点で一気に加速。 自分以外の2人が「追いかけるぞ」というのでしばらく追っかけてみたのだが、 平均38km/hオーバー、原付も軽々抜かしていくという、とてつもなく速いペース。

20分ほど頑張ってみたが、「無理」ということでゆったりペースに戻る。

その後、PC2直前にあるシークレットでスタッフの人に写真を撮られたりしながらPC2へ。

PC2到着: 12:01

PC2 - PC3

PC2からPC3方面へは、東に行ったり北に行ったりをジグザグに進む。 風は南東の風だったので、東に行くときは向かい風、北に行くときは追い風。

特に追い風のときは自分との相対速度が小さくなるために、とにかく暑かった。

Garminを見てみると、40℃オーバーの表示がされていたのだが、さすがに直射日光による影響だろう。 実際には30℃を超えたかどうかぐらいと思われる。

試走レポートでは「無限麦畑」と表現されていた区間がこの付近のはずだが、ちょうどこの1週間で収穫の時期を迎えたのか、 麦畑はだいぶ刈り取られていた。

PC2までの区間で速い人に着いていった無理がたたったのか、それとも12連勤のせいか、早くも左膝に痛みが生じ始める。 以降の区間は塗り薬とカフェインでごまかしながら走った。

PC3到着: 15:25

PC3 - PC4

相変わらず暑い関東平野の内陸部を北へ東へ。 この区間は北へ向かう部分が多かったので、追い風多め。

鹿沼から宇都宮市の北側を迂回してさくら市へ入ったところで、路面がかなり濡れていて、雨もポツポツ降ってきた。

PC4までの距離が残り少なかったので、レインウェアは着ないままPC4へ。

PC4到着: 18:43

PC4 - PC5

ちょっと雨が強くなってきたので、レインウェアを着てからPC4をスタート。 周囲もだいぶ暗くなってきた。

このコースで唯一と言っていい峠区間、伴睦峠(ばんぼくとうげ)を登る。 とはいえ、斜度はそこまでないので、軽いギアで淡々とクルクル回す。

登坂中に暑くなったので、レインウェアを脱いでからダウンヒルへ。

人家の少ない山道と、常陸大宮、常陸太田といった短い都市部区間を繰り返し、ついに日立市の海岸へ。

海岸まで着いたら少しだけ北上して折り返し地点のPC5。

PC5到着: 22:26

PC5 - PC6

ついさっき登って下ってきた伴睦峠を登り返す。

雨雲はいつの間にか遠くに行ってしまい、明かりのない山道で空を見上げると満点の星空。 (そういうことを考えていないと左膝の痛みをごまかせないのだが・・・)

さくら市に入り、PC4よりも少し先にあるPC6へ。

PC6到着: 3:01

PC6 - PC7

さて、キューシートには宇都宮のスーパー銭湯(グランドスパ南大門)が仮眠場所として案内されていたのだが、 左膝を温めると悪化する気がする。

ということで、コースから200mほど離れたところにネットカフェを見つけたので、そこで仮眠することに。

4:00に到着し、4:30から5:30までの1時間を仮眠、補給や準備をして6:00にネットカフェを出発。

朝の宇都宮市内を信号にちょくちょくつかまりながら進み、小山のPC7へ。

PC7到着: 8:36

PC7 - PC8

仮眠時間が人によってかなり違うのか、朝からほとんど誰とも合わないまま。 PC7をスタートし、PC8に着くまで誰とも会わずじまい。

ただ、前日と違って今日は薄曇りでそこまで気温が上がらないのは好材料。

PC8到着: 11:30

PC8 - PC9

飯能付近のちょっとしたアップダウン区間に、左膝の痛みがかなり悪化。

ひたすら軽いギアをケイデンス100から110で回すという、膝から下の重さでペダルを回すことで膝に力を加えない方法でごまかしながら走った。

笛吹峠はほとんど峠という感じもなく、すぐ終わってしまった。

飯能市街からちょっとした丘を越えて最後のPCへ。

PC9到着: 14:24

PC9 - Goal

PC9で塗り薬と大量のカフェインを摂取。 その効き目が切れないうちにゴールするべく、かなり急ぎ目で最後のゴールまで、ちょうど同じタイミングでスタートした2人と一緒にラストスパート。

青梅街道の信号にひたすら引っかかったり、キューシートを見ながら多摩川CRを案内しているのか下の車道を案内しているのか迷いながらしてついにゴール。

Goal: 16:38

Goal後

ゴール後はゴール受付のふれあい会館までゆったり市街地走行。

ふれあい会館ではブルベカードをスタッフに渡し、認定タイムは33時間38分。

その他写真を撮っていただいたり、お菓子や飲み物をいただきながら雑談。

話題は自分の直後にゴールしたママチャリの女性とシングルギアの男性で持ち切り。すごい。

最後はスタッフにお礼を行って最後の自宅まで。途中自転車屋に寄りながら25km走って無事帰宅。